スマートフォン版を表示するスマートフォン版
TOP > 研究員の紹介

PEOPLE研究員の紹介

研究員

吉川 昌孝

所長

吉川 昌孝MASATAKA YOSHIKAWA

1989年博報堂入社。マーケティングプラナー、博報堂フォーサイトコンサルタントを経て、2004年博報堂生活総合研究所に着任。未来予測プロジェクトのリーダーとして「態度表明社会」(09年)「総子化」(12年)「デュアル・マス」(14年)等、生活者とマーケティングの未来像を発表。15年メディア環境研究所所長代理、16年より現職。著書に「亜州未来図2010」(03年)「『ものさし』のつくり方」(12年)などがある。​

1989年博報堂入社。マーケティングプラナー、博報堂フォーサイトコンサルタントを経て、2004年博報堂生活総合研究所に着任。未来予測プロジェクトのリーダーとして「態度表明社会」(09年)「総子化」(12年)「デュアル・マス」(14年)等、生活者とマーケティングの未来像を発表。15年メディア環境研究所所長代理、16年より現職。著書に「亜州未来図2010」(03年)「『ものさし』のつくり方」(12年)などがある。​

藤原 将史

グループマネージャー

主席研究員

藤原 将史MASAFUMI FUJIHARA

1991年 大広入社。テレビスポット・タイム、デジタルメディアのバイイングに従事した後にメディアプラナーとして、2003年に博報堂DYメディアパ-トナーズに転籍。飲料・日用品・金融関係などのプラニングを担当した後に、11年から多様なデータからコミュニケーション効果を明示するROI分析業務のマネジメントを行う。
16年より現職となり、生活者とメディアの関係をデータやインサイトに基づき分析している。

1991年 大広入社。テレビスポット・タイム、デジタルメディアのバイイングに従事した後にメディアプラナーとして、2003年に博報堂DYメディアパ-トナーズに転籍。飲料・日用品・金融関係などのプラニングを担当した後に、11年から多様なデータからコミュニケーション効果を明示するROI分析業務のマネジメントを行う。
16年より現職となり、生活者とメディアの関係をデータやインサイトに基づき分析している。

加藤 薫

グループマネージャー

上席研究員

加藤 薫KAORU KATO

1999年、博報堂入社。菓子メーカー・ゲームメーカーの 担当営業を経て、2008年より現職。エンタテインメント領域を 中心に、放送、デジタルメディア、日本のコンテンツの海外展開、およびコンテンツファン動向について研究している。主なレポート :「コンテンツファン消費行動調査」(2011~)、「今、生活者が求める“Media Experience”とは?(2013)」など。

1999年、博報堂入社。菓子メーカー・ゲームメーカーの 担当営業を経て、2008年より現職。エンタテインメント領域を 中心に、放送、デジタルメディア、日本のコンテンツの海外展開、およびコンテンツファン動向について研究している。主なレポート :「コンテンツファン消費行動調査」(2011~)、「今、生活者が求める“Media Experience”とは?(2013)」など。

新美 妙子

上席研究員

新美 妙子TAEKO NIIMI

1989年 博報堂入社。新聞局、メディアマーケティングセクションを経て、2013年4月より現職。シニア研究など生活者のメディア行動研究に従事。「広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2015」(宣伝会議)編集長。「メディア10年変化(M10)」社内刊行。2016年よりメディア定点調査担当。

1989年 博報堂入社。新聞局、メディアマーケティングセクションを経て、2013年4月より現職。シニア研究など生活者のメディア行動研究に従事。「広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2015」(宣伝会議)編集長。「メディア10年変化(M10)」社内刊行。2016年よりメディア定点調査担当。

斎藤 葵

上席研究員

斎藤 葵AOI SAITO

2002年博報堂入社。雑誌ビジネスを中心とするメディアプロデューサーを経て2016年より現職。ファッション、ラグジュアリー、化粧品等を中心としたあらゆる業種の広告主に対し、出版コンテンツを活用した統合マーケティング企画の立案や雑誌出版周りの広告データ分析を行ってきた。インバウンドビジネスにも精通し、訪日中国人向け日本情報サイト立ち上げにも携わる。現在はメディア/コンテンツ双方の視点で生活者動向及びメディアビジネスのこれからについて研究している。

2002年博報堂入社。雑誌ビジネスを中心とするメディアプロデューサーを経て2016年より現職。ファッション、ラグジュアリー、化粧品等を中心としたあらゆる業種の広告主に対し、出版コンテンツを活用した統合マーケティング企画の立案や雑誌出版周りの広告データ分析を行ってきた。インバウンドビジネスにも精通し、訪日中国人向け日本情報サイト立ち上げにも携わる。現在はメディア/コンテンツ双方の視点で生活者動向及びメディアビジネスのこれからについて研究している。

中原 玄太

主任研究員

中原 玄太GENTA NAKAHARA

2012年博報堂中途入社。リーマンショック前後に金融機関にてCVAに関するクオンツ業務に従事した後、一念発起して仕事内容を転向。2012年から2015年まで、マーケティングテクノロジーを活用したソリューション開発業務、および些かストラテジックプランニング業務に従事。2016年より現職。元日本証券アナリスト協会検定会員(元CMA)、金融関連の著書あり、熊本県牛深市(現、天草市)出身、戌年。

2012年博報堂中途入社。リーマンショック前後に金融機関にてCVAに関するクオンツ業務に従事した後、一念発起して仕事内容を転向。2012年から2015年まで、マーケティングテクノロジーを活用したソリューション開発業務、および些かストラテジックプランニング業務に従事。2016年より現職。元日本証券アナリスト協会検定会員(元CMA)、金融関連の著書あり、熊本県牛深市(現、天草市)出身、戌年。

複属研究員

鈴木 雄介

鈴木 雄介YUSUKE SUZUKI

1985年博報堂入社。マーケティングディレクターとして得意先企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。2004年~研究員として、メディア定点調査等に取り組む。また、カンヌライオンズ、アドフェスト、スパイクスアジアなど海外広告賞の審査員も経験。現在は、関西にて、エリアならではのメディア&コンテンツを観測中。

1985年博報堂入社。マーケティングディレクターとして得意先企業のコミュニケーション戦略立案に携わる。2004年~研究員として、メディア定点調査等に取り組む。また、カンヌライオンズ、アドフェスト、スパイクスアジアなど海外広告賞の審査員も経験。現在は、関西にて、エリアならではのメディア&コンテンツを観測中。

皆川 治子

皆川 治子HARUKO MINAGAWA

タッチポイントエバンジェリスト。特定タッチポイントによらず、マスメディアからニューメディアにわたり、全体戦略からKPI開発、PDCA管理まで広くマネジメント。
コミュニケーション全体を俯瞰する。新しいタッチポイントの発見、それによる生活者のコミュニケーションの変化を見極め、新しいビジネスモデルの提案を目指す。効果測定のトレンド分析、システム開発にも携わる。カンヌ広告祭クリエイティブデータ部門審査員(2015)、I-COMアドバイザリーボード等、海外経験豊富。ジェネラリストであり、テクノロジーにも精通。

タッチポイントエバンジェリスト。特定タッチポイントによらず、マスメディアからニューメディアにわたり、全体戦略からKPI開発、PDCA管理まで広くマネジメント。
コミュニケーション全体を俯瞰する。新しいタッチポイントの発見、それによる生活者のコミュニケーションの変化を見極め、新しいビジネスモデルの提案を目指す。効果測定のトレンド分析、システム開発にも携わる。カンヌ広告祭クリエイティブデータ部門審査員(2015)、I-COMアドバイザリーボード等、海外経験豊富。ジェネラリストであり、テクノロジーにも精通。

鈴木 豪

鈴木 豪GO SUZUKI

2007年博報堂DYメディアパートナーズ入社。雑誌、デジタルメディアのプラニング担当を経て、現在は関西支社メディアソリューション局統合コミュニケーションプラニング部にて、大手飲料、消費財などのクライアントを担当。アクチュアルデータを活用した統合メディアプラニング業務に軸足を置きながら、メディアプロモーションやスポーツ事業など幅広い業務に従事。趣味は、アマチュアスポーツの観戦と解説。

2007年博報堂DYメディアパートナーズ入社。雑誌、デジタルメディアのプラニング担当を経て、現在は関西支社メディアソリューション局統合コミュニケーションプラニング部にて、大手飲料、消費財などのクライアントを担当。アクチュアルデータを活用した統合メディアプラニング業務に軸足を置きながら、メディアプロモーションやスポーツ事業など幅広い業務に従事。趣味は、アマチュアスポーツの観戦と解説。

フェロー・顧問

菊池 尚人

菊池 尚人NAOTO KIKUCHI

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任准教授。一般社団法人融合研究所代表理事。論文等「SNS,ソーシャルメディアの現状と関連する諸制度」(電子情報通信学会通信ソサエティマガジン2015)、「フランスの障害者向け電子図書サービスの概要及び日米との比較並びにモデルの考察」(情報通信学会誌第111号 2014)、「放送における同時再送信―IP化とデジタル化の影響」(国際公共経済学会「国際公共経済研究」第19号 2008)等

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任准教授。一般社団法人融合研究所代表理事。論文等「SNS,ソーシャルメディアの現状と関連する諸制度」(電子情報通信学会通信ソサエティマガジン2015)、「フランスの障害者向け電子図書サービスの概要及び日米との比較並びにモデルの考察」(情報通信学会誌第111号 2014)、「放送における同時再送信―IP化とデジタル化の影響」(国際公共経済学会「国際公共経済研究」第19号 2008)等

関沢 英彦

関沢 英彦HIDEHIKO SEKIZAWA

東京経済大学コミュニケーション学部教授。博報堂生活者アカデミー顧問。著書『女と夜と死の広告学』(晃洋書房)『ひらがな思考術』(ポプラ社)『いまどきネットだけじゃ、隣と同じ!「調べる力」』(明日香出版社)『偶然ベタの若者たち』(亜紀書房) 『生活という速度』(新宿書房)『岩波講座現代社会学第13巻成熟と老いの社会学』(共著・岩波書店)、『日本の所得格差と社会階層』(共著・日本評論社)『現代ジャーナリズムを学ぶために』(共著・世界思想社) 等

東京経済大学コミュニケーション学部教授。博報堂生活者アカデミー顧問。著書『女と夜と死の広告学』(晃洋書房)『ひらがな思考術』(ポプラ社)『いまどきネットだけじゃ、隣と同じ!「調べる力」』(明日香出版社)『偶然ベタの若者たち』(亜紀書房) 『生活という速度』(新宿書房)『岩波講座現代社会学第13巻成熟と老いの社会学』(共著・岩波書店)、『日本の所得格差と社会階層』(共著・日本評論社)『現代ジャーナリズムを学ぶために』(共著・世界思想社) 等